会員通信一覧へ

会員通信

台湾国立中興大学による視察訪問について(富士フイルム九州株式会社)

  •    平成28年9月27日、台湾の中興大学マーケティング学科21名の方々が熊本地震からの復旧の取組みについて学ぶため、富士フイルム九州㈱(以下、FFQ)の視察に来られました。

  • 今回の訪問は、2度にわたる大きな地震により甚大な被害にあいながらも、FFQが他の企業に比べ早期に復旧できたことに興味を示され、(台湾中興大学からの)直接の申入れにより実現されたものです。

  • 一昨年、FFQに視察に見えられた台湾三三会 江会長からの震災お見舞状や、最近報道でもあった卓球福原愛さん結婚の話題を用い、台湾-日本の交流関係をご紹介。和やかな雰囲気の中での開催となりました。

    FFQ布留川取締役による熊本地震での被災状況の説明では、減災への取組み、初動対応等に加え、従業員のオーナーシップも大きな原動力であることを強調されました。更にFFQ鈴木社長からは「台湾も日本でも自然災害の経験から災害に対して ①CARE(日頃からの準備、細心の注意) ②FIGHTING SPIRIT(負けない心) を培ってきた。また、私たちはこのような交流を通し、台湾の皆様との協力体制を更に強く構築していきたい。」と述べられました。
    これに対し、中興大学を代表して蕭仁傑 教授からは「大変に興味深いお話をお聞きすることができ勉強になりました。ありがとうございました。」とお礼のお言葉を頂きました。

    我々、富士フイルム九州は、このような交流をより深めることで、熊本-台湾との友好の懸け橋の一助となれるよう取り組んで参ります。

  • 企業立地ガイドKUMAMOTO
  • 新規入会
  • メールマガジン
  • 会報誌エポカル
  • 会員通信申込
  • 関連リンク