会員通信一覧へ

会員通信

「南阿蘇村の水田お助け隊 稲刈りを開催」(富士フイルム九州株式会社)

 去る平成27年10月10日(土)、南阿蘇村にて富士フイルム九州㈱(以下、FFQ)従業員とその家族等約100名が参加し、農家や南阿蘇村役場の方の指導を仰ぎながら、稲刈りを行いました。
 FFQでは、2010年より地下水涵養事業の一環として、南阿蘇村のこの活動に参画し、今回の田植えで6回目を迎えます。

 「水田お助け隊」とは、近年の農業従事者の高齢化・減少を背景に、休耕田が目立ち始めた山間地の水田やその風景を後世に引き継ぎ、長期間にわたり田んぼに水を張ることによって、わき水やせせらぎなど自然環境の機能回復に有効な地下水を涵養(かんよう)することを目的に南阿蘇村が主体となって行っている活動です。

  •  南阿蘇のおいしい水ときれいな空気の下ですくすくと育った金色の稲穂を手作業で刈り取り、1時間程度で立派な掛け干しが完成しました。参加者からは笑顔が溢れ、自然と触れ合う貴重なひとときを過ごすことができました。
     収穫したお米は参加者や日頃お世話になっている方に還元される他、社員食堂で振る舞う予定です。
     また、行きのバスでは移動時間を使い、先日受賞した地下水顕彰制度ゴールド認証やFFQの地下水保全活動を紹介する事で、啓発にも繋げました。

  •  FFQは今後も、この地下水涵養事業を通し、地域貢献活動を継続していきます。

  • 企業立地ガイドKUMAMOTO
  • 新規入会
  • メールマガジン
  • 会報誌エポカル
  • 会員通信申込
  • 関連リンク